乳酸菌を摂るとおならのにおいが臭くなくなるって本当??

人前で臭いおならをしてしまったときは気まずいものですよね。

すごく仲のいい友人で笑ってくれたとしても『臭い』という不快感を与えてしまいます。

そもそもなぜおならは臭いのでしょうか。

おならの成分は大きく分けて3つあり、1つめは空気で全体の70%を占めます。

2つめは血液中にあるガスが腸に出てきたもので全体の20%を占めます。

これらの2つは無臭です。

ということは問題は残りの10%になります。

これはアンモニアや硫化水素などの[悪臭性有毒ガス]と呼ばれるもので、食べ物のカスを悪玉菌が分解することで発生するガスです。

そのため悪玉菌が増えれば増えるほどおならが臭くなってしまうのです。

男性の中にはおならが臭いことを気にしていない潟元多くいますが、悪玉菌が増えていくのを放っておくとおならや便が臭いだけにとどまらず口臭や体臭までも臭くなってしまう可能性があるので注意しなけらばなりません。

腸内には善玉菌と悪玉菌があって善玉菌は発酵することで体にいい影響をあたえてくれるものですが、悪玉菌は腐敗を進めてしまうものです。

悪玉菌によってたんぱく質などが腐敗すると発ガン性物質など体によくないものを作り出してしまいます。

体のためにはもちろんですが、おならの臭いをおさえるためには善玉菌を増やして悪玉菌を減らさなければなりません。

そのためにはヨーグルトやチーズ、納豆などといった発酵食品を摂取することが必要です。

発酵食品に含まれている乳酸菌が作用することで善玉菌を増やして悪玉菌を減らす効果が期待できます。

しかし乳酸菌にはたくさんの種類があって人によって合うものと合わないものがあります。

自分に合っていない乳酸菌を摂取していると、悪玉菌を減らすどころか逆に増やしてしまうこともあります。

それでは意味がありませんよね。

でも実際に摂取してみないと効果があるないの判断はできないので、とりあえず身近な発酵食品を摂取してみてしばらくたっても臭いが改善されない場合は別の種類のものに変えてみてください。

自分に合った乳酸菌を摂取していれば善玉菌を確実に増やすことができるので、おならの臭いも気にならなくなってきます。

そうなればおならをしたとしても不快な臭いからは解放されるので、人前で出てしまったとしても音だけの迷惑ですみます。

人前でおならをすることはマナー違反ですが、自分でも制御できない場合もあります。

万が一のためにも臭い対策をしておくことは大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です